WEB-XR.studio

イントロダクション

概要

WEB-XR.studio は、一般の3Dツールでモデリング・テクスチャリングした3Dモデルのセッティングおよびスクリプティングをプログラム知識なしに行えるWeb3D開発フレームワークです。

こちらのチュートリアルをご覧になれば、簡単に使えるツールだとご理解いただけます。

ポイントの理解

WEB-XR.studio には、3D開発のためのエディタツール群が用意されています。
ツールとは、フォトショップやエクセルと同じようにマニュアルで使い方を学ばなくては使いこなせないという意味でもあります。

しかしながら、このドキュメントを全て読破しなくてはならないわけではなく。まず、基本的なポイントを理解すれば、後は疑問に直面した時にこのドキュメントを参照すれば良いはずです。

基本的なポイントについてはこちらをお読みください

対象ユーザー

WEB-XR.studio Viewers は多くの方に閲覧していただくものです。
しかしながら、ツールとしての WEB-XR.studio Editors は完全なプロユースとして設計されています。
最低でも3Dモデルをご用意できる環境がある方でないと、アカウント登録をしても何もできることはありません。
もし、あなたが3Dモデルを用意することができるのであれば、WEB-XR Studio は無限の創造をもたらすでしょう。

動作環境

WEB-XR.studio Editors

  • モダンブラウザに分類されるブラウザおよび MS Edge
  • MS IE: 非対応

WEB-XR.studio Viewers

  • モダンブラウザに分類されるブラウザおよび MS Edge
  • iPhone, iPad Air, 一部アンドロイドは動作確認済み(アンドロイドは機種により差異があるため、全ての動作保証は難しい)