3Dコンテンツをもっと見る

APIによる制御...

型にはまったパッケージではなく。
外からもWebXRコンテンツは制御可能という自由度。
API は任意のモーションやカメラ視点変更をオンタイムに呼び出したり背景の透過も可能。
ページの動きに合わせたリアクションやAIチャットとの組み合わせなど次世代ウェブ表現が自在。
自由の極みポテンシャルを感じさせる API EXAMPLES...

ウェブ3D最大の課題を克服

事前インストールが前提のアプリとは用途も意味も違う、読み込みは一瞬でなければ意味がない。
だからこそ、画像や動画のようなウェブコンテンツと同列に扱える。
複数のウェブ3Dを配置することだってできる。
ホームページやブログにそのまま埋め込めば、あなたのページの一部として振る舞う。

3Dツールで作成したモデルをアップロード

あなたの3DモデルにWeb-XRは息を吹き込む。
WebXR スクリプトエディタにより自由な配置、移動、モーションの呼び出し。
ユーザーに呼応したインタラクティブな反応。
表現の場は設定一つで切り替わる。
VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、そしてウェブ。

WEB-XR.studio を知ろう

WEB-XR

  studio

完全なプロユース
非常に対象の狭いエディター
3Dモデルをご用意できますか?
Blender によるボーンアニメ...
もしご理解できるあなたであれば
アカウント登録をしてみましょう
あなたの創造が形になります

登録

3Dモデリングソフトを使用したことがありますか?

WEB-XR.studio のエディタツールは、3Dモデルをご用意できないと特にできることがありません。
了解していただき、アカウントを作成する場合は[OK]をクリックし[登録]をクリックしてください。